AmiVoice

AmiVoiceの入力デバイスは断然マイクがおすすめです。

今日は、AmiVoiceで使う入力デバイスについて、お話したいと思います。

公式ホームページを見ると、マイクとヘッドセットが掲載されています。

実は、ここに乗っていない市販のマイクやヘッドセットでも、入力自体は可能です。

ただ、やはり感度、精度の問題があり、公式に乗っている品が一番です。

私は職場で、フィリップス社のLFH3200 SpeechMikeというハンドマイクを使っています。

同じシリーズで、安い一世代前の品もありますが、最新版の使い勝手は抜群です。

ヘッドセットよりもマイクのほうが利点が多くあります。

AmiVoiceで入力中に人の声が聞こえる。

ヘッドセットは耳を覆うように装着する使用上、どうしても声が聞き取りにくくなります。

対して、マイクを使用すると耳が開いているため、人の声がよく通ります。

そんなこと、と思うかもしれません。

ただ、実際には無言で読影する環境のほうが、少ないのではないでしょうか。

同僚とのコミュニケーションのため、世間話をする。

自分の書いたレポートを直した上司に、名前を呼ばれる。

そうした時に、もし聞き取れなかった場合、流れを断ち切ってしまい、気まずいですね。

マイクで入力している限り、そうした自体は起きません。

途中でマイクを置いてすぐに立ち上がれる。

ハンドマイクもヘッドセットも有線でパソコンと繋がっています。

そのため、どちらも持ったまま移動ということはできません。

ヘッドセットの場合、頭から取り外すという動作が必要になりますが、マイクの場合、手を
離せばさっと立ち上がって移動できます。

ずっと座って仕事というのはからだに悪いので、こまめに立ち上がり水分補給をしましょう。

スタンド型マイクでも、同じような手軽さを実現することができますが、快適さではハンドマイクに劣ります。

楽な姿勢でAmiVoiceが使える。

これこそ、ハンドマイクを使う、最大の理由かもしれません。

ハンドマイクであれば、背もたれにもたれかかっても、頬杖をついても、立ち上がっても、音声入力することが可能です。

極論を言えば、急に寝そべっても、そもまま使うことができます。

スタンド型マイクの場合、マイクに顔を近づける必要があるため、自由な姿勢というのは難しいです。

ハンドマイクも頭に装着するため、姿勢によってはずれてしまいます。

こうした自由度の高さも、ハンドマイクの魅力です。

まとめ

ハンドマイクでの音声入力の魅力について、お話しました。

ヘッドセットやスタンド型マイクに比べ、移動や姿勢の自由があるというのは、ハンドマイクの大きな魅力です。

AmiVoiceを使う際は、是非、ハンドマイクでの入力を試してみて下さい