放射線科医の仕事

【現役放射線科医が解説】放射線科医の1日のスケジュール

医者の仕事というと、外来や手術などをイメージされることが多いです。

ドラマや小説などで有名ですね。

けれど、僕は画像診断を専門としている放射線科医ですが、外来や手術などまったくやっていません。

一般的な内科や外科とは、仕事の内容が大きく異なります。

そこで、放射線科医の1日のスケジュールを簡単にまとめてみました。

もし放射線科を志望する研修医の先生がいらっしゃったら、参考にしてみて下さい。

あくまで中規模病院で、画像診断を専門とする放射線科医から見た話です。
大規模病院では話が異なりますし、IVRや放射線治療医では診療内容も大きく変化します。
その前提の上で、ご覧下さい。

朝は始業時間に出勤

例えば、麻酔科の先生であれば朝から手術があるため、始業時間よりももっと前に出勤して、麻酔の準備を行います。

手術のある外科や、外来のある内科の先生も仕事の準備のため、早く病院に出てこられる人が多いです。

僕たち放射線科医は、基本的に始業時間に出勤します。

外来も手術もないからです。

また、始業時間になってもすぐには仕事が始まりません。
CTやMRIは検査を行っても、処理が必要なため、すぐには画像を送ってこれないからです。

大抵の病院は8時半始業だと思いますが、実際に当日の画像検査の読影が開始できるのは、9時前ごろです。

それまでは、前日に残った読影や、夜間に撮影した画像の読影を行っっています。

行動の自由

読影室という専用の部屋で仕事をしますが、仕事中に行動の自由があります。

自由というとやや大げさかもしれませんが、好きなタイミングでトイレに行き、好きなタイミングでコンビニに行けます。

これが、外来や手術をされている内科、外科の先生であれば、そうはいきません。

外来をしていると、患者さんが途切れない限り、基本的に診察室に閉じこもることになります。

合間を見てトイレに行くのがせいぜいです。

けれど放射線科医であれば、混雑する前の11時半に食堂に行くことができます。

少し小腹がすけば、院内のコンビニに行って食べながら読影ができます。

このように、仕事時間中でも席を離れる事ができる、というのは、放射線科の魅力の一つだと思います。

夕方:仕事終わり

画像検査と読影が終了すれば、帰宅できます。

画像検査の予約は、基本的に病院の終業時間まで入っています。

そのため、検査が終わるまでは病院にいなければなりません

これは、造影剤など検査室で患者さんが急変した場合、まず放射線科医が対応するからです。

日中に緊急検査が入り、予約検査が押した場合は、終了時間はどんどん後にずれ込んでいきます。

その日に撮った検査を、その日のうちに全て読影するのかは、病院によってばらばらです。

画像診断管理加算2や3をとっている病院であれば、翌日までに一定割合の読影が終わっていなければなりません。

検査数が多ければ、遅くまで残ります。

もし加算をとっていないのであれば、翌日当日の画像検査が送られてくるまでの間に読影すればよく、検査を残して帰ることもあります。

まとめ

放射線科医の1日を簡単にまとめました。

ただ、あくまで画像診断を専門としている放射線科医の場合です。

IVRであれば予定検査や緊急検査がありますし、放射線治療医であればまったく異なるスケジュールで動いています。

何かのお役に立てたら幸いです。

https://radiolodiary.com/%E6%94%BE%E5%B0%84%E7%B7%9A%E7%A7%91%E5%8C%BB%E3%81%AE%E3%81%8A%E4%BB%95%E4%BA%8B%EF%BC%9A%E7%94%BB%E5%83%8F%E8%A8%BA%E6%96%AD%E3%81%A8%E3%81%AF/