画像診断のコツ

胸部CTで偶然見つけた肺結節をフォローする基準:日本CT検診学会

偶然見つけた肺結節のフォローをどうするのかは、放射線科医にとっても悩みです。

「経過観察は不要です」と書くべきなのか、

「フォローして下さい」と書くべきなのか、

「何ヶ月後にフォローして下さい」と書けばよいのか、考え込むことが多いです。

以前、肺結節のフォローに関して、Fleishner Societyが2017年に発表したガイドラインを紹介しました。

胸部CTで偶然見つけた肺結節をフォローする基準日常的に画像診断をしていると、肺結節を偶然見つけることはよくあります。 がん患者さんであれば肺転移をまずは考えますが、偶然見つけた...

日本では日本CT検診学会が、「低線量CTによる肺がん検診の肺結節の判定基準と考え方 第5版」を出していて、今回はこちらを紹介します。

・「低線量CTによる肺がん検診の肺結節の判定基準と考え方 第5版」のすべての診断基準にエビデンスがあるわけではなく、専門家の意見を加えたものになっています。
(第2版では題名に”ガイドライン”と書いてあったが、第3版以降削除されています)
・低線量CTによる肺がん検診自体の有効性とは、まったく別の話です。

前提となるお話

肺結節の種類

日本語で肺結節という場合、(充実性の)結節とすりガラス結節の両者を含んでいます。

細かな定義は以前の記事に書いているので、参考にして下さい。

胸部CTで偶然見つけた肺結節をフォローする基準日常的に画像診断をしていると、肺結節を偶然見つけることはよくあります。 がん患者さんであれば肺転移をまずは考えますが、偶然見つけた...

フォローの際はthin slice CTを使用する

多くの施設では、通常の肺野条件CTは5mmスライスのことが多いですが、この判定基準では、全てthin slice CTで判断するように定めています。

増大の定義は2mm以上

増大した場合、治療方針は変更しますが、この判定基準のなかで増大は「2mm以上」と定義しています。

初回CTで6mm未満の場合、精密検査を必要としない

検診施設で肺結節を見つけた場合、6mm未満であれば精密検査は不要としています。

6mm以上(最大径と短径の平均)の場合に、他の医療機関に精密検査のため紹介する必要があります。

いずれの結節でも「肺がんを強く疑う」場合はすぐに確定診断を行う

結節の種類、サイズによって推奨するフォローの方法は異なっていますが、巨大な病変など「肺がんを強く疑う」場合は、すぐに気管支鏡やCTガイド下生検などの確定診断を行います。

(充実性)結節の場合

結節のサイズが≧10mmの場合と、6mm~10mmの場合で分けています。

≧10mmの結節

気管支鏡やCTガイド下生検など、すぐに確定診断を行います。

6mm~10mmの結節

高リスク(喫煙者)と低リスク(非喫煙者)に分けて考えます。

高リスク:3,6,12,18,24ヶ月後にthin slice CTによる経過観察を行う。
低リスク:3,12,24ヶ月後にthin slice CTによる経過観察を行う。

また、経過観察中の対応は共通です。

①増大(2mm以上)を認めた場合、確定診断を行う。
②2年間サイズに変化なければ、経過観察を終了する。
③消失した場合、その時点で経過観察を終了する。

part-solid GGNの場合

サイズが≧15mmの場合と、<15mmの場合で分けています。

≧15mmのpart-solid GGN

すぐに確定診断を行います。

<15mmのpart-solid GGN

内部の充実成分のサイズでさらに分かれます。

>5mmの充実成分

すぐに確定診断を行う。

≦5mmの充実成分

12,24ヶ月後にthin slice CTによる経過観察を行ういます。

経過観察中の対応は、以下の通りです。

①結節全体が2mm以上、もしくは充実部が2mm以上の増大を認めた場合、確定診断を行う。
②2年間サイズに変化なくても、年1回の経過観察を継続する。
③消失した場合、その時点で経過観察を終了する。

pure GGNの場合

part-solid GGNと同じく、大きさが≧15mmの場合と、<15mmの場合で分けています。

≧15mmのpure GGN

3ヶ月後にthin slice CTで検査し、全体のサイズが変化なしもしくは増大であったら、確定診断を行います。

<15mmのpure GGN

3,12,24ヶ月後にthin slice CTによる経過観察を行います。

経過観察中の対応は、以下の通りです。

①2mm以上の増大ないし濃度上昇を認めた場合、確定診断を行う。
②内部に充実成分が出現し、
・・充実部が>5mmの場合、確定診断を行う。
・・充実部が≦5mの場合、経過観察を続行。
③消失した場合、その時点で経過観察を終了する。
④24ヶ月後に変化がなくても、年1回の経過観察を継続する。

まとめ

肺結節のフォローに関して、日本で提唱されている「低線量CTによる肺がん検診の肺結節の判定基準と考え方 第5版」を紹介しました。

以前の記事で紹介したFleishner Societyの提唱するガイドラインと比べると、少しややこしい内容となっています。

ですが、細かい分いろいろな状況に対応できるとも言えると思います。

放射線科医であれば、一度目を通しておいて良い内容と考えます。

貴重なお時間の中、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。