画像診断のコツ

肺野条件の胸部CTを読影するコツ

この記事では、肺野条件の胸部CTを読影する方法について解説します。

胸部CTは腹部CTと並び、CT検査の中で最も数の多い検査です。

肺炎の有無など、日常的に画像検査を依頼し、自分で見ている先生も多いと思います。

【こんな人にオススメの記事です】
・どんな風に肺野を見ればいいか知りたい
・どんな所に注意すればいいのか知りたい
・早く胸部CTを読みたい

そもそも肺野条件とはどういう意味?

具体的な肺野条件の見方の説明の前に、「肺野条件」という言葉の説明をしていきます。

それは、『肺野を詳しく見るために作った画像』という意味です。

まず患者さんにCT撮影を行うと、生データ(raw data)が得られます。

これは単なるデータで、まだ画像ではありません。

この生データに専用の関数をかけて(加工して)、肺野条件のCT画像ができます。

同じ生データに別の関数をかけてできるのが、縦隔条件の胸部CTになります。

縦隔条件のwondow level(WL)、window width(WW)を調整して、肺野条件に似た画像を作ることが可能です。

ただ、あくまで『似た画像』であって、『肺野を詳しく見るために作った画像』ではありません。

細かな結節などの読影には向いていません。

肺野条件のCTを読影するテクニック

スクロールしながら読影:1枚1枚読んではいない

読影する時は、1枚をじっくりと見るのではなく、パラパラと画像をスクロールさせながら見ていって下さい。

これは、上下のスライスとの間で『連続性』を確認するためです。

よく研修医の先生の中に、CT画像を1枚1枚じっくりと見て、何か病変がないか探している先生がいます。

肺の血管は体に対して縦方向に走っている事が多いです。

そのため、1枚ずつ読影していると、結節を見つけても、それが本当に結節なのか肺血管なのか判断できません。

1枚切り取った画像では区別ができないです。

放射線科医はスクロールして上下のスライスとの連続性を見て、これは結節なのか血管なのか判断していきます。

肺野を上から下までだいたい15秒で見ています

具体的な速度ですが、患者さんの体格や姿勢によって肺野のサイズは異なります。

そのため読影するスピードもまちまちですが、平均的な人(5mmスライスで50-60枚)を仮定して話をします。

おおよそ、『肺野を上から下まで15秒』ほどでスクロールさせています。

1秒3-4スライス程度のスピードです。

速い様に感じるかもしれませんが、病変を見つけるだけなら、これぐらいのスピードで充分です。

肺野を分割して見る

15秒で見ると言いましたが、もちろん両肺を一度に見ているわけではありません。

多くの先生が右肺、左肺と左右で分けて見ていると思いますが、放射線科医はさらに分割して見ています。

 片肺を腹側と背側に2分割し、まず腹側を肺尖部から肺底部まで見る。
次に背側を肺底部から肺尖部まで見る。

といった順番で読影しています。

2分割する理由は、人間の視野は想像するよりも非常に狭いからです。

また、分割するのは上葉中葉下葉などは関係なく、真横に切ります。

全ての症例を2分割で見ているわけではありません。

例えば、直腸癌術後で肝転移があるの患者さんでしたら、術後で他に転移がない
患者さんよりも肺転移が生じる可能性が高いです。

その場合、さらに細かく3分割して見ています。

見つけたら手を止めて考える

スクロールしている中で、何かを見つけたら手を止めます。

それが粒状影なのか、結節影なのか、腫瘤影なのか。もしくは浸潤影なのか。

確認し、次に質的診断に移ります。

まとめ

縦隔条件の胸部CTの読影は、数も多く放射線科医としては基本となります。

上記のテクニックを使うことで、見落としを減らし、なおかつ早く読影することができます。

初めて胸部CTを見る人、読影が上手くいかない人は、ぜひ参考にして下さい。

貴重な時間の中、最後まで読んで頂き本当にありがとうございました。

何かのお役に立てたら嬉しいです。

https://radiolodiary.com/%E7%B8%A6%E9%9A%94%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E3%81%AE%E8%83%B8%E9%83%A8ct%E3%82%92%E8%AA%AD%E5%BD%B1%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%B3%E3%83%84/